2020年2月21日金曜日

認知症講演会に参加

毎年栗田病院主催で行われている「認知症疾患医療センター研修会」
栗田病院の院長先生のセンター活動報告の後、筑波大学教授の水上先生講演がありました。今回は、「レビー小体型認知症を理解する」という演題で、詳しくこの疾患の症状・検査につき解説いただきました。

認知症の診断基準などガイドラインは日本神経学会ホームページの中にあります。
認知症疾患診療ガイドライン2017

講演が行われたクリスタルパレスのメイン会場には多くの医療関係者が集まりました。ホテルロビーには、豪華なひな人形飾りが展示されてます。
コロナの早期収束を祈るばかりです。

院長

0 件のコメント:

コメントを投稿

新型コロナとフレイル予防

高齢者は新型コロナウイルス感染症が重症化しやすいことが明らかになっています。一方で家に閉じこもりがちになり、「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されています。 日本老年医学会では、現状、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について一般向けにポイントをまとめまし...