2020年4月24日金曜日

屋内での転倒


新型コロナウイルス感染予防の観点から「ステイホーム」
おうちで過ごそう、という自粛の要請がされています。
ご高齢の方々も、屋内で過ごされる時間が多くなっていることと思われます。
実は、転倒の頻度は、意外と屋内のほうが屋外よりも多いのです。
高齢者では居室の他、玄関や廊下での転倒が多いと言われています。


脳梗塞で、いわゆる「血液さらさら」の内服をされている方は、とくに転倒による外傷に注意が必要です。
部屋の間の段差、階段、家具やベッドの角等あるいは突起部分など、あらかじめ対処をしておいた方が良いでしょう。

院長

0 件のコメント:

コメントを投稿

本院(聖麗メモリアル病院)が救急功労者 総務大臣表彰を受けました。

  先日9月9日、聖麗メモリアル病院を代表して、佐藤院長が授賞式に参加・授賞しました。団体では、全国で2施設のみです。名誉ある表彰ですのでとても誇りに思います。 受賞内容では、茨城県北の脳卒中医療、地域の救急医療への貢献、スタッフの生涯教育としてのBLS講習などが評価されました。...