2020年4月20日月曜日

オンライン診療

朝のNHKニュース番組で、オンライン診療についてやっていました。
以前からオンライン診療は、診療形態の一つとして、少数の医療機関で取り入れられていました。
最近の状況として、コロナウイルス感染予防の観点から、一気に注目をあびてはいるものの、さほど普及していない様子を、オンライン診療の現状と課題として、現場の医師の診療風景とともに、報告していました。
当院でも開設後すぐにオンライン診療を取り入れて、患者さんの利便性を図ってきました。コロナウイルスの問題がでてから、初診でのオンライン診療も許可されています。しかしながら、当院では、初診でのオンライン診察は原則としてやっておりません。頭痛で初診となる患者さんが多いのですが、ビデオや電話での診察のみで、クモ膜下出血や頭蓋内血腫などを除外することは困難と考えるからです。
オンライン診療は、スマホやタブレットがあれば、通院時間0分、待ち時間0分で診察が開始されます。一度始めた患者さんは、高齢の方であっても、継続できています。仕事が忙しい、休めない、遠方で通院が大変、様々な状況で開始されています。茨城県でもコロナウイルス感染が増加して、外出自粛が要請されています。それに医療機関受診も感染リスクの一つであり、患者さんも気を付けている状況があります。必要に応じて、患者さんには、オンライン診療をお勧めしております。

オンライン診療対応施設はサイトに公表されており、ひたちなか市では当院のみとなっています。
全国オンライ診療実施医療機関リスト

院長

0 件のコメント:

コメントを投稿

知恵と忍耐

2020.5.14 NHK  茨城県は、5月15日に緊急事態宣言が解除されました。それを受けて、その週末から翌週にかけて、徐々に飲食店などの営業が再開されてきています。まだまだ制限はあるものの、もとの生活に戻りつつある、そんな空気を感じます。 日本の感染者数と死者数は,諸...