2019年11月28日木曜日

脳卒中治療を考える会inひたちなか

11月27日にひたちなか市ホテルクリスタルパレスで開催されました。
聖麗メモリアル病院の副院長粕谷先生より「脳梗塞治療の最近の知見」として、脳梗塞の急性期治療、とくに血栓回収療法につきお話いただきました。
 特別講演として、東京都済生会中央病院の副院長・脳卒中センター長の星野先生より「心原性脳塞栓症の現状と課題」とくに長高齢化社会への対応につき、抗凝固療法、脳卒中・循環器病対策基本法などの話題を交えながら、多くの情報をご提供いただきました。
 昨年末に法案が成立した「脳卒中・循環器病対策基本法」は、今年の12月に施行されます。その後のタイムラインについても予想を教えていただきました。


ホテルはクリスマス仕様になってます。
院長

0 件のコメント:

コメントを投稿

新型コロナとフレイル予防

高齢者は新型コロナウイルス感染症が重症化しやすいことが明らかになっています。一方で家に閉じこもりがちになり、「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されています。 日本老年医学会では、現状、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について一般向けにポイントをまとめまし...